総目次

まぼろしのアムステルダム要塞(マナド)

Fort Amsterdam dalam kehancuran di Manado

脇田清之 + CHAT GPT


 上の写真:19世紀のころマナドにあったアムステルダム要塞 (出典:Periplus Adventure Guides "SULAWESI Indonesia" p182)

Fort Amsterdamは、かつてインドネシアの北スラウェシ州にあるメナドに存在した要塞です。この要塞は、オランダ東インド会社によって建設され、1658年に完成しました。Fort Amsterdamは、当初はオランダの植民地支配を強化し、商業的な利益を確保するために建設されました。

要塞は、当初は木製の構造物でしたが、後に石造りの要塞に再建されました。その主な目的は、周辺地域の貿易活動を監視し、防衛を強化することでした。また、オランダの植民地支配を確立するための拠点としても機能しました。

しかし、現在ではFort Amsterdamの残骸しか残っておらず、要塞の建物はほとんどが崩壊しています。その一部は観光スポットとして保存されていますが、大部分は時間の経過と自然の影響によって荒廃しています。Fort Amsterdamは、歴史的な遺産としてその地域の重要な一部であり、多くの人々にその過去の物語を伝える役割を果たしています。


出典:Balai Pelestarian Nilai Budaya Sulawesi Utara
https://kebudayaan.kemdikbud.go.id/bpnbsulut/benteng-nieuw-amsterdam-di-manado/

追記

オランダ人達はセレベス島を故郷に擬えて、北の Manado を Amsterdam に,南の Makassar を Rotterdam に見立てたのかも知れません。因みに母国の Amsterdan - Rotterdam 間は約 100 km, 車で約 1 時間です。これに対して Makassar - Manado 間は約 1000 kmあります。いまも多くのオランダ人達がマナドを訪れます。

参考資料

  • ロッテルダム要塞
  • Copyright (c) Japan Sulawesi Net, All Rights Reserved.